図面

ンドレエ・ワッダの絵画のアルブム

 

絵画のアルブム「アンドレエ・ワッダ・ドローイング」はユニックな出版であります。この出版の為に彼の旅行した所の何百の自作を集まってきました(例えば日本への旅行)。このアルブムでは彼が自作した映画と演劇を使用した自分自身や他の芸術家の小伝含めております。アルブムではカメラではなくディレクタ自身がドキュメンタリー映画を語れる所感がしますがこれは紙と鉛筆や絵筆で作られました。その単純な道具はワッダさんご本人一生の仲間だと言いました。彼は昭和年21-25クラコ゚ヴの芸術院(ASP)で絵画を勉強したこれはわかりやすい点であります.


作者によってアルブムの中に写っている絵と水彩画次のカテゴリーで分割しております:

1.顔馴染
2.映画の為の絵
3.演劇為の絵
4.私が居たと私が見た
5.未完成なプロジェット
6.私達の動物
7.日本

形式的と量的な事では三種の材料が引き抜きます。第一点は世界を歩きながらの瞬間で描けた出会った人や所のスケッチです。第二点は映画と演劇のプロジェットの為への解決方の可視化。第三点は完成した絵と水彩画です。少ないのスケッチ以外にこのアルブムに写るすべての絵がオリジナル・サイズで写っています。こんな風にワッダさん創造手段をはっきり見えますー本人は自分の目で発見したものを見て注目を引き出した所も理解できる。作者からの個人的感のない面白いコメントでそれそれの選んだ絵の特別な所を説明されます。

ワッダさんにはたった一つのルールがあります:「人間の記憶は瞬間的な物で鉛筆と紙で保存されたらいい」だからこそその映画監督が(写真のように)親友や他の芸術家に顔を付けて置いた。ワッダさんが映画と演劇の為に自分自身のスケッチを作りました。作れる前に彼はもう完成した映画と演劇も既に見ました。ここでは屋外景色や体型と将来のキャラクターの顔、例えばダントンの役がジエルラド・デパーディウ。「恋事変のクロニクル」のイメージでびっくりさせる。ジェルシ・ポピエルスカの足跡を追いつけてワッダさんが始まったステンドグラスの動ける窓もあります。アンドレエ・ワッダの個人的な世界混ぜるイメージと共にキャラクターのスケッチと形式の詳しい分析もあります。ここでは芸術家にとっての大切な動物と旅の印を気を付くには簡単です。このアルブムではワッダさん世界に踏み込め彼の居た場所:パリ・テルアビブ・日本・京都やお好みだったの犬や猫や馬も見られる。

 

 

ワッダさん本人が日本の旅行を案内してくれる。彼は旅中では自分のスケッチブックを持っていました。彼の絵は桜の国の雰囲気を何となく掴めました。それはたぶんご本人が日本人芸術家の和風を使わせてもらったかもしれません。彼のお陰で紙の一枚で日本の桜・神社・歌舞伎座・鯉・レストラン・秘苑も見られる

This post is also available in: 英語 フランス語 ドイツ語 イタリア語 スペイン語