私のインスピレーション – 映画

のインスピレーション

ポランド・アートから感激されたアンドレエ・ワッダに就いての映画

アンドレエ・ワッダさんが自分を持つポランド・アートの興味と本人の映画や演劇などのその受けた影響について様々の言語で一時間で説明してくれるドキュメンタリー映画であります。映画の中ではアルブムに映るアートのイメージと映画の一コも絵から引き出したクウォートもあります。これはディレクターによってフィルム・イメージの創造手段についての映画であります。この映画は現代的の叙事方法を利用します。更にこの映画は伝統的な一コマとコンピューター・アニメイションの合同を利用します。更にこの映画は単館とフィルム・フェスティバルで写る予定がります。前置きはマルティン・スコルセセの腕で行います。映画の資金ならポランド・フィルム組織と他のスポンサーが預かります。映画のプロジェットはワルシャワ・国立博物館との協同組合で成立します。

主事と主役―アンドレエ・ワッダさん
ディレクタ・マレックブロヅキさん
脚本と芸術的の監督・助演出家・アントニー・ロドウィクスさん
演出家と管理官・ECI Films―ジェアン・ロドウィクスさん
演出家と相談役・ECI Films・マレック・シュドウィックズさん
イメージディレクタ/映画監督・ジェルシ・ルジンヅキさん
音楽・ヲデック・パーリックさん
前置き・マルティン・スコルセセさん


 

This post is also available in: 英語 フランス語 ドイツ語 イタリア語 スペイン語