ワッダ・アート・プロジェットは十年前から開始しました。あの時偉いな達成を果たしてオスカル賞品を得たポランド人の映画演出家アンドレー・ワッダさんは自作の映画に働いていました。実際は彼の命の果てまで映画の産業ずっと働いてきました。最初から最後までワッダさんがずっと描きました。アーティスト達が百万の残されたスケッチブックはグラフィカル的の思い出で含まれています。ワッダさんが親友アノットニーさんの影響を受けて彼も本の形でその絵を見せる事
に決めました。それは「アンドレエ・ワッダ・ドローイングス」と言う本です。このにある絵が全てワッダさんのお家で写っていました。彼は様々な映画の作業を努めてながらの休憩をやてえ来ました。


 

絵を選ぶのを技術的の長い議論や話し合いになる事は結構あります。その議論の結論はポランド的なアートを作るアィディアが生まれてくる。ワッダさんの意見ではその風な傑作が彼の美学感を形にさせて作られたシーンを直接に影響を与えた。「ザ・インスピレーション」アルバムはワッダさんの美学技術を証明見せます。本物が自分自身で書かれたコメントでお客様を映画を作るアーティストの考え法を簡単に理解出来るように揃っています。

と言っても本には越えられない限界がる。ワッダさんとロドウィクスも二人はこのプロジェクトを完成する為に映画が必要と考えました。先生自身が自分の自叙伝的な物語を伝える映画だ。ドキュメンタルでは「インスピレーション」の部分が表しますが映画の所々も絵から引き抜き出したフレーズがあります。ワッダさんがこのモーヴィ・イメージのストーリーを作りました。ドキュメンタリーは平成27・28年の間にカメリメージ・インテルナシオナル・フィルム・フェスティバルの創造者マレック・ズドヴィッチのおかげで既に完成しました。彼は映画の生産工程をサポートしました。


ンスピレーション

 

こんなの絶大のプロジェットには資金を得られるのは簡単な事ではないので創造者資金を集める方法探し始めました。平成27年ではアントニー・ロドウィクスがマイケル・レル・コワルスキー「創造力の担当者」と出会いました。彼はプロジェットに支えを差し上げた。彼はポランド的な技術をお客様の所まで特別に見せる方法とワッダさんの観客と世界からのムーヴィー・ファンの好奇心を引き出せる技術に興味があった。彼は出版されるアルバムを様々の言語で発行するまた参加してくださるサポーターに安く手に入れる値段のクラウンファンディング方法を提案しました.


たちを応援してください:

 

This post is also available in: 英語 フランス語 ドイツ語 イタリア語 スペイン語